各キャラクター使用感|ライザのアトリエ攻略

各キャラクターの個人的使用感を記載しています。
Ver1.03時記載。

スポンサーリンク

PT編成補足

今作ではキャラごとに前衛/後衛が決まっていて変更できない。
前衛:ライザ/レント/リラ
後衛:タオ/クラウディア/アンペル
初期PTでは前衛2/後衛1の配置になっているが、隊列でキャラを一旦外してから別のキャラを入れるといった手順を踏めば、前衛3人PTや後衛3人PTなど初期PTとは違った前衛/後衛配分にすることができる。

ライザ

今作の主人公。前衛。
丸太のような太ももを持った錬金術士。
今作は「主人公のみができること」が特に無い代わりに、性能面で非常に優遇されている。

錬金術士の主人公ということもあり、装備できるアイテムは最大4枠まで増える上に、器用さも99まで上がるため、使うアイテムに困ることはない。
これに加えて、コアアイテムダメージが最大70%も上がる自己強化アクティブスキルや、戦闘終了時CC1回復、コアアイテムのクリティカル率上昇のパッシブスキル持ちなので、コアアイテム使いとしてトップクラスの性能を持ったキャラと言える。

行動時間が短い非常に優秀な通常攻撃持ちなので、AP溜め能力も全キャラトップ!
ネガティブモードでライザに通常攻撃でAPを溜めさせながら、他キャラ操作でスキルやクイックアクションをフル活用したり、ライザ操作で通常攻撃でAPを溜めつつアクティブモードで味方にスキルで攻撃させるといった運用もできる。

ライザの攻撃スキルは魔法属性に偏っていてTLvを上げたときに付く効果が微妙なのが難点なくらいで、特に弱点という弱点はない。
ちなみにフェイタルドライブは、そこそこ威力高め。

レント

ライザの幼馴染その1。前衛。
冒険者に憧れる大剣を持った少年。
体格のいい少年でお人好し且つ常識人である一方で、親に暴力を振るわれ、粗暴な親の評判から村人からも冷たい視線を向けられる悲しきDV被害者でもある…。

物理アタッカーだが、通常攻撃/攻撃スキルともに大振りで、全体的に行動時間が長めな感がある。
特に通常攻撃は前衛では最も遅めなため、AP溜め効率の悪さや操作キャラとして扱い辛いなどといったデメリットがある。
アイテム枠は最大で3枠まで増えるが、器用さは40までと低めなので、レシピ変化を利用して低アイテムレベルのアイテムを作る必要がある。

上記デメリットはあるものの、高いHPと防御力に各種パッシブスキルのおかげで生存能力は高め。
初期メンバーということもあり、パーティクエストの進行も早く、キャラ育成面のしやすさもメリットになる。
攻撃スキルは物理属性に偏っているが、攻撃力低下付与(+になれば呪いも付与できる)できるブラッドスラスト、防御力無視のアクセルダイブ、スキルダメージ最大20%上昇のウォーシャウト、麻痺付与できる轟雷剣と、出来ることはそれなりにある。

リラの弟子ということもあってか、リラとPT相性がよいのがレント最大のメリットかもしれない。

タオ

ライザの幼馴染その2。後衛。
本を持ち歩く小心者の眼鏡を掛けた少年。
体格のいいレントと違いショタっぽい見た目だが、過去回想のCGを見るにライザやレントと年齢差はないのだろうか…?

タオは、状態異常付与役兼アタッカーという分かりやすい特徴のキャラになっている。
状態異常付与率上昇のパッシブスキルを持ち、様々な状態異常付与する攻撃スキルやアクションオーダースキルを豊富に持っている。
これに加えて、敵の状態異常数に比例してダメージ増加するエクストラオーダースキルやフェイタルドライブを持っていて、条件を満たした時の火力は非常に高いキャラクターになっている。
アイテム枠最大4に器用さ最大60と、アイテム使いとしても悪くない性能をしている。

ライザ/レントと同様に初期メンバーということもあり、パーティクエストを進めやすい。
行動時間が長くブレイク値も並と、通常攻撃の性能は非常に悪いのが難点。

クラウディア

クーケン村にやってきた商家の娘。後衛。
笛をぶん投げたり、鳥を召喚したりと、攻撃モーションが妙にインパクトのあるお嬢様。
新しく友達になるキャラだが、今作の同性の親友枠でいいんだろうか…?

クラウディアは、バフ/デバフ/回復を行える補助キャラになっている。
攻撃力+スキルダメージ最大30%上昇のフェアリーギフトに、魔法耐性低下付与のエクストラオーダースキルや、全能力-50%付与のフェイタルドライブと、非常に強力な効果を持ったスキルを使える。
なのだが…、今作では全キャラがアイテム使用可能で、補助アイテムでバフ/デバフ/回復をある程度行うことができてしまう。
これに加えて、通常攻撃が全キャラで最も遅いこともあり、クラウディアをPTに入れる利点が少ない。
タオと同じく、アイテム枠最大4に器用さ最大60なので、アイテム使いとしては申し分ない。

バフデバフが非常に強力なので、フェイタルドライブで大ダメージを狙う場合はかなり重要なキャラ。

リラ

アンペルと旅をしている異界の女性。前衛。
豊満な身体に獣のような腕と獣耳にふんどし姿というヘンテコな格好の女戦士。
見た目は若いが、獣人が長命な種族なのか実際は結構な高齢のようだ。

物理/魔法、火/氷/雷/風の複合属性アタッカーで、おそらく攻撃面でトップのキャラクター。
全体的に行動時間が短く、通常攻撃の性能もライザに次ぐ2番目で、AP溜め性能も高い。
各種攻撃スキルにより、さまざまな属性に対応できるため、弱点を付きやすい上に他キャラのアクションオーダーをアイテムを使わずに達成しやすい。
また、各種攻撃スキルを使うことで対応した精霊を付与する特殊強化がかかり各属性追撃が発動するようになるので、各攻撃スキルを使うほど火力が高くなる。
特に四属性付いた時のフェイタルドライブの火力はトップクラス!
タオのフェイタルドライブよりも条件を満たしやすく、任意で高火力を出しやすい。

アイテム枠が最大2で、器用さも最大35と非常に低いため、アイテム使いとしてはワースト。
また、加入が遅いのが難点か。

アンペル

リラとともに旅をしている錬金術士の男性。後衛。
見た目は若いが、人間でありながらなんらかの原因で老化が遅くなったため、実年齢は高い。
甘党のおじいちゃん。

ライザ/リラの上位2人と比べると大分遅いが、通常攻撃の性能は後衛で一番良く、AP溜め性能で見れば全キャラで3番手。
攻撃スキルは魔法属性に偏っているが、TLvを上げることで様々なデバフ効果を発揮するキャラになっている。
全能力-20%のクロノリバース+や、スロウ付与のタイムボルテックス、素早さ-20%のアクションオーダースキルに加え、敵の状態異常時間延長や味方単体の良性変化効果時間延長できるスキルに、ブレイク値の高いエクストラオーダースキル/フェイタルドライブも持っている。
出来ることは多いが、デバフなどの効果は高くなく、ほぼアイテムで代用できてしまう。
さらに、加入が最も遅いというデメリットもある。
そういった意味ではクラウディア以上にPTに入れる利点が少ないキャラかもしれない…。

ただし、アイテム枠は最大4で器用さも最大85あるので使うアイテムに困ることはなく、コアアイテム使用時AP回復量増加のパッシブスキルや、WTを短縮する各種パッシブスキルがある。
そのため、コアアイテム使いとしてはライザに次ぐ2番手なので、アイテムでPTの居場所を作るといいかも?

ライザのアトリエ攻略メニューページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました